読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブ・映画・アイドル関連本などの各種考察

タルトタタン新メンバー、ちあき見参!! 10月5日(月)@下北沢SHELTER unconditional loveレコ発 (タルトタタン、南波志帆、unconditional love他)

10月5日にタルトタタンの新メンバーがお披露目されました。
この日のセトリは奇しくも、葵ちゃんの最後のライブとなった渋谷loop annexでのライブのセトリに酷似していました。
keep in timeを久しぶりにやったのが今回の特徴だったかもしれません。
前日のみかゆちゃんのツイートからは、高いモチベーションが伝わってきてうれしい気持ちになりました。

この日のライブは良くも悪くもいつもどおりでした。
またもや、トークをほとんどしないで、ひたすら歌を消化していく感じになってしまったのは非常に残念。
せっかくお披露目した新メンバーがどんな子なのかも全然わからなかったし、「これじゃ、ボーカロイドじゃん」って思わざるを得ない。
ライブは、複製芸術じゃ味わえない、生のパフォーマンスの面白さが無かったら意味がないと思う。
その一回性のきらめきみたいなものを保証してくれるのは、演者の汗だくのパフォーマンスやちょっとしたミスだったり、ファンたちの一体感だったり、普段なかなか聞けないトークだったりすると思うのです。
タルトタタンに、CD音源以上の歌声をライブで期待できない以上は(ちょっと厳しい言い方だけれども)、何らかの形で一回性のアウラを放てないかぎり、お客さんを魅了できないのではないでしょうか。

これはゆりえちゃんやちあきちゃんが悪いのではなく、運営の売り方の問題だと思うのだけれども、もう少し彼女たちに自己表現の機会を与えた方が、長い目で見て売り上げが伸びるのではないかと思ってしまいます。
終演後のチェキが非常に盛り上がっていたのは、ファンとしてうれしい限りでした。
あと、ちあきちゃんが緊張しすぎてまばたきしまくりだったのが非常に微笑ましかったです。
何はともあれ、頑張れ新生タルトタタン!!!

さて、この日は南波志帆ちゃんも出演していたのですが、やっぱり貫禄が違いました。
お客さんの回し方が圧倒的に巧いし、他の出演者への目配せも絶妙。ベテラン教師の授業を受けているかのような気分になりました。
葵ちゃんが残っていたら、タルトタタンもこれくらいの喋りができるようになっていたのではないかという欲が出つつも、
ゆりえちゃん&ちあきちゃんの成長に賭けてみたくなる夜だったのでした。
タルトタタンのメンバーの入れ替わりをネタにしたあとの、「私はタルトタタンの見届け人みたいになっている」という言葉には一同笑うしかありませんでしたね♪
またナンバタタンを見られたらいいなあ~


【ガールズ・レテル・トーク/ナンバタタン】official PV - YouTube