もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブ・映画・アイドル関連本などの各種考察

ちあき、頭角を現す! 11/16(月)COSMIC BOX vol.14 @渋谷eggman(細身のシャイボーイ、甘夏ゆず、hauptharmonie、タルトタタン、森心言&福山タク、坂口喜咲、DJぐるぐる)

 渋谷eggmanにてタルトタタンを観てきました! 新メンバーちあきちゃんが加入してから2回目のライブです。この日も、二人とも高いモチベーションで臨んでいたように思います。

 葵ちゃんのラストの時や、前回の下北沢SHELTERの時とは違い、今回はMCもありました。下北沢のレポではMC無しだったことを心配する内容の記事を書きましたが、よくよく考えてみたら、ちあきちゃんにある程度余裕が出てからじゃないとMCはしんどいですよね。

 今回ひさしぶりにMCがあったわけですが、ゆりえちゃんが「私、エビの下半身なら食べられる」と発言したというおとぼけエピソードがちあきちゃんから紹介され、二人の仲の良さも同時に伝わってくる良いMCでした。ちゃんとネタ合わせしたんだなと(笑)

 

 ライブの方では、最近はセトリに入ることがまれだった「ランララン」を披露したほか、「入り鉄砲に出女」のリミックスバージョンを歌うなど、ちょっとレア感がありました。ランラランはまだ歌詞が正確に入っていない部分もありましたが、ちあきちゃんが初舞台よりもはるかに落ち着いて歌えていて良かったと思います。「入り鉄砲の出女」はやっぱり、オリジナルのアレンジの方がいいですね。その後は「ポリティカルないきものたち」「プロ・デューサー」「業界・人」「サイバーサバイバー」を披露してタルトタタンの出番は終了しました。

 ちなみに、一曲目に披露した「ランララン」は、1stアルバム「テトラッド」に収録されています。ヤマモトショウ氏も絶賛する名盤です。

 

テトラッド(通常盤)

テトラッド(通常盤)

 

 

 

 ここ最近はおやホロばかり観ていたので、曲中に特に何もすることがないライブは久しぶりでした。MIXを打ってくれるようなファンがいた方がいいのか、今のままでよいのかは如何とも言い難いですが、個人的にはタルトタタンのこのスタイルは結構好きです。終演後にCDを買い求めていた人もいましたし、曲が新規のお客さんに届いて、新しく聴いてくれる人が現れると、ファンとしてすごくうれしくなります。

 

 この日は新たな告知もありました。12月20日(日)のゆりえちゃん生誕に加えて、その一週間前の12月13日(日)にテレビ埼玉の番組の収録&ライブがあるそうです。さいたま新都心の近くにあるヘブンズロックで行われるとのこと。二週続けて楽しい予定が追加されました。

 さらに驚くべきことに、この日の物販で販売されたタルトタタンのパーカーに付いてくる音源。新曲の作詞作曲はヤマモトショウ氏が手がけたというのです。30分くらいのトークも収録されていて、その司会もショウさんが務められたそうです。なんて心強いんでしょう!!!

 

 

  

 

これは、ニューアルバムにも期待せざるを得ません。まだリリース関係の告知は何もないけれどもワクワク。ショウさんがプロデュースされた「タルトタタン アー オールライト」がかなり好きなのでワクワク。

 

TARTETATIN ARE ALLRIGHT!

TARTETATIN ARE ALLRIGHT!

  • アーティスト: タルトタタン,山本奨,Yuumi (FLiP),澤ミキヒコ(ふぇのたす),諸石和馬(Shiggy Jr.),張江浩司(来来来チーム),森夏彦(Shiggy Jr.),柴田裕史(来来来チーム),ヤマモトショウ(ふぇのたす)
  • 出版社/メーカー: EMISSION ENTERTAINMENT
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 この日の出演者の中では、坂口喜咲さんのライブが圧巻でした。歌唱力もすごいし、ご本人のキャラクターもとても素敵だし、ググッと引き込まれました。音楽の化身みたいな女性だなと思いました。とっても感動したので、6月にリリースされたというアルバムを購入させてもらいました。こういう風に、対バンの中で、新しい音楽の扉を開いてもらって、またライブに行きたいと思えるアーティストに出会えるのって本当に楽しいものですよね。

 主催者であるeggmanスタッフのみちゃさんに感謝。

 

 夜にtwitterを見ていたら、みかゆりちゃんたちも確かな手ごたえのようなものを感じられたみたいで非常に良かったです。二人がより大きなステージに行けますように。