読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブ・映画・アイドル関連本などの各種考察

八月ちゃん生誕祭の思い出 8月31日(水)@渋谷o-nest 八月ちゃん生誕祭”ハッピーバースデー八月ちゃん!!~八月ちゃんとエンドレスなサマーをトゥギャザー2016~”(おやすみホログラム、オガワコウイチ、ハハノシキュウ、抹a.k.a.ナンブヒトシ、KMC、アベトモナリ、maternity goods、もるももる、プラズマ)

おやすみホログラム ライブレポ(アイドル) 八月ちゃん カナミル

 今日から9月になり、今朝は突然秋らしい涼しさが感じられたりなどしましたが、昨夜、8月最後の一大イベント「八月ちゃん生誕祭”ハッピーバースデー八月ちゃん!!~八月ちゃんとエンドレスなサマーをトゥギャザー2016~”」に行ってきました。イベントタイトル長い……。やはり、祝福ムードに包まれた空間というものは、良いものですね。そこにいる誰もが、主役となる八月ちゃんのためだけに来ているって、すごく尊い。

 この日は何人かのゲストによるパフォーマンスがありましたが、全員ラッパーで縛るというアイドルの生誕祭の常識を破る斬新な顔ぶれが並びました。付き合いの長いハハノシキュウさんをはじめとして、熱のこもったパフォーマンスでした。

 ゲストライブのほかにも特別な催しもありました。ある意味これが目玉だったわけですが、八月ちゃんのためのトーナメントが開催されたのです。トーナメント参加者は一般からも募ったほか、ハハノシキュウ、プラズマ、もるももるといったプロの演者もエントリーしました。そして、恥ずかしながら私自身も出場してしまいました。トーナメントをやりますという告知が出た段階では詳細は明らかにされていませんでしたが、八月ちゃんをより直接的にお祝いするチャンスだと思い、気が付いたら指が動いて公式アカに参加のリプライを打っていました。私としては、大喜利だったらいいなあ、などと思っていたのですが、他のトーナメント参加者などが発表されるにつれて、フリースタイルバトルであることは疑いようのない雰囲気になっていきました。そして前日に送られてきたDMには、まさにフリースタイルバトルのルール説明が書かれていたのでした。

f:id:lucas_kq:20160901144316j:plain

 フリースタイルバトルの司会は抹a.k.a.ナンブヒトシさんが務めたのですが、本当に素晴らしい司会っぷりで、みんなが最後まで楽しくあのトーナメントを見られたのは、半分は(あるいはそれ以上!)彼のおかげだと思います。残りは、出場した全員とフロアにいる人全員が織りなした、最高の集団芸のおかげですよね。トーナメントは、対戦する二人の中央に八月ちゃんが座っているというような配置で行われました。勝敗を決めるのはフロアにいる皆さんで、声援の大きさで決まります。 

f:id:lucas_kq:20160901165843j:plain

 トーナメントは、オタクたちとラッパーたちが最高のパフォーマンスを出し合い、めちゃめちゃ盛り上がりました。私は、初戦の相手がハハノシキュウさんで、残念ながら負けてしまいましたが、とにかく楽しかったのでひたすら幸せでした。人生初めてのフリースタイルで彼とバトルできるというのは、願ってもなかなか得られないチャンスだし、八月ちゃんからも「すごい。ちゃんと踏んでた! ありがとう!」という言葉をかけてもらえたので大満足です。ステージを降りた直後も、フロアにいた多くの方々から「お疲れ」「良かった」「良かったよ」「相手が悪かったよね」などと心温まる労いの言葉を頂戴し、最高でした! トーナメントの前半が終わり、お酒を飲みに上の階に上がったら、小川さんからも「ちゃんと踏んでましたね!」とお褒めの言葉をいただき、すげえ嬉しかったです。

 ところで、このトーナメントには参加賞というものがありました。八月ちゃんのサインと「Thank you」というメッセージが書かれた紙袋が手渡されました。袋を開けて中身を見てみると、うっすらと軟らかい茶色いモノが出てきました。気泡緩衝材(いわゆる「プチプチ」)が巻きつけてあって、なんじゃこらとさらに開けてみると、中身は八月ちゃんお手製の埴輪でした。粘土でつくられているのですが、まだ十分に乾いていない状態で、生まれたての赤ちゃんのような壊れやすさ。トーナメントの時に八月ちゃんが「急いで乾かしてください」と言っていた意味をようやく理解したのでした。この埴輪は、よく見ると三つ編みが彫られていて、ちゃんと八月ちゃんの仲間としてデザインされています。自分が推しているアイドルから、お手製の作品を直接贈呈してもらい、とても嬉しく思う反面、なぜか僕の頭の中に浮かんだ言葉は「いやげ物」(byみうらじゅん)でした(笑)

いやげ物 (ちくま文庫)

いやげ物 (ちくま文庫)

 

 

 実際、めちゃめちゃ嬉しかったです!! すごく大切にします。

 

 ハハノシキュウのステージとトーナメント後半戦を終えて、時間が非常に押している中で、おやすみホログラムのアコースティックライブの時間になりました。トイレに行っている小川さんを待つ間、カナミルが場をつなぐというレアな光景を見ることができました。そして、ライブの前にスイカ割り&プレゼント贈呈のコーナーに! 無事にスイカも割れて、八月ちゃんにケーキと花束が贈られたり、足湯が提供されたり、ランボルギーニ実車が贈られるなど、おやホロファン一同のクリエイティビティ全開の時間となりました。

f:id:lucas_kq:20160901144433j:plain 

f:id:lucas_kq:20160901144645j:plain

f:id:lucas_kq:20160901144854j:plain

 

 無事にプレゼントの贈呈タイムが終わると、アコースティックライブが始まりました。まずは八月ちゃんのソロ曲「君と僕の光と影」から。小川さんのギター演奏にいつも以上に心がこもっている感じがして、いきなり感動しました。八月ちゃんの歌声もめちゃめちゃ良かった。2曲目からカナミルが合流したのですが、そのときにカナミルが「すごくグッと来た」「二人でやってきてよかった」という発言をした場面でマジで感動しました。彼女は滅多にこういうことを言わないし、むしろ、初めてなんじゃないかというストレートなメンバー想い発言。そして二人は「ニューロマンサー」を歌い始めるのですが、みんなに祝福され、時折カナミルと顔を合わせながら歌う八月ちゃんは本当に幸せそうでした。で、この曲中、ついに八月ちゃんの涙腺が決壊してぽろぽろと泣きながら歌うこととなったのですが、この時もカナミルがいまだかつてない優しい笑顔で八月ちゃんの頭をポンポンしながら歌うという最高の風景が観られました。気が付くと私の両目からも体液があふれ出していました(笑)

f:id:lucas_kq:20160901145534j:plain

f:id:lucas_kq:20160901164315j:plain

f:id:lucas_kq:20160901164405j:plain

 

 二人は最後まで素晴らしい歌声を聴かせてくれました。先日は八月ちゃんの悔し涙を見る場面もありました。

lucas-kq.hatenablog.com

 

 今日は八月ちゃんの嬉し涙と明るい笑顔が見られてよかった。こういう最高のライブを積み重ねて、粛々とステップアップしていけば、外野からのやっかみは爽快に粉砕されていくんだなとしみじみ感じました。今日の生誕祭の趣向そのものが、すごく新しくて、ワクワクしましたし、素敵な8月の締めくくりをすることができました。

 本当に八月ちゃんとカナミルは最強のシンメだよ!!

 f:id:lucas_kq:20160901175359j:plain

f:id:lucas_kq:20160901175455j:plain

 

 物販の時間にチェキを二人それぞれと撮ったのですが、カナミルがここでも八月ちゃん想いでした。

  私「今日はカナミルのメンバー愛にあふれる言葉に感動したよ!」

  カ「え~! 全部ウソだよ~♪」

  私「ええ~(笑)」

  カ「ウソじゃないよ~♪」

  私(くっ、なんて最高のシンメなんだ……)

 

 こんな感じで、すごく良い二人だなと改めてしみじみ思っていたところ

  カ「今日のトーナメント観てたよ。良かったよ」

  私「おお! ありがとう! すごく励みになる!!」

  カ「ちゃんと考えて来てくれてる感じがしたよ」

  私「そうそう! 一応、予習したんだよ~」

  カ「あー、いいわ~。私はそういうのに性的な興奮を覚える!

  私「え……」

 カナミルさん。おまえ、酔っぱらいすぎだろ……(笑)

 

トーナメントの優勝は、邪悪さんが見事勝ち取りました♪

もるももるさんも素晴らしいパフォーマンスでした。

 

ブートの生誕Tシャツも素敵でした。八月ちゃんを模したキャラクターの後ろにあるのは満月でしょうか。満月、すなわち、望月!! 望月、すなわちカナミル!!