読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブ・映画・アイドル関連本などの各種考察

地下の地下性を徹底した果ての輝き! 2月7日(火)@渋谷WWW 姫乃たま3rdワンマンライブ「アイドルになりたい」

 姫乃たまさんのワンマンライブを観てきました。ごく簡単に感想を。

 姫乃たまさんのお書きになるものが好きで追いかけていましたが、ライブとかイベントにはほとんど行ったことがありませんでした。去年トークイベントに2回ほど行ったくらい。その時に短いライブコーナーがあり、そこで聴いた曲くらいしか知りませんでした(しかも、そのうち1回は宗像明将氏と「普通の恋」を歌ってたので、オリジナル曲ではない!笑) 

lucas-kq.hatenablog.com

lucas-kq.hatenablog.com

 

 開演20分くらい前に会場に入ったのですが、既に非常にたくさんのお客さんで埋め尽くされていて、それだけでなんだか胸が熱くなりました。で、開演前に流れている音楽がもうすでにメチャクチャ良い! やたらと煽情的で蠱惑的な愛を歌ったムーディな歌謡曲が多めに流されていたのが面白かったです。「地下」らしい、いかがわしさみたいなものをわざと強調するかのような再帰的な身振りがいかにも姫乃たまさんらしい!! この開演前のDJがとにかくめちゃくちゃ良かったので、このセトリも知りたいくらいでした!

 ライブは「僕とジョルジュ」の曲から始まりました。最初に、色んな映画のキスシーンが次々と流れる映像が映し出されて、演奏陣が順番に登場していく演出がとってもクールでした。姫乃さんはたいへん可愛らしいお洋服で登場しました。髪も巻き巻きでたいへん美しかったです。秘密結社のボスに飼われている猫のような気品。序盤でいきなり姫乃さんのおばあちゃんが出演されたのには大変驚きました。姫乃さん曰く、「人生で何度めかの一生のお願い」と「冥土の土産」がうまく妥結したとのことでした(笑)

 第1部が終わると、幕が再び閉じられ、幕間には姫乃さんが行った「どさ回りツアー」の映像が流されました。1周分の尺では支度が終わらなかったようでリピート再生に突入し、2週目の半分過ぎくらいで第2部が開幕しました。今度は白い衣装に着替えての登場で、これまた可愛らしい。ドラえもんに出てくるみーちゃんみたいな可愛らしさでした。生で聴く「来来ラブソング」、超良かったです。めちゃくちゃライブ栄えする曲ですね!!

↓来来ラブソングを歌う姫乃たまさん

f:id:lucas_kq:20170208154219j:plain

f:id:lucas_kq:20170208154343j:plain

 


姫乃たま/来来ラブソング

 

 2回目の衣装替えを経て、ライブは終盤に突入しました。今度は赤い衣装に身を包んでいて、これまた相変わらず美しかったです。そしてここで、バンドメンバー・関係者・ファン一同からのサプライズが披露されました。「ねえ、王子」をいろんな人が踊った映像で、姫乃たまさんがいかに多くの人に愛されているかということが結実した素晴らしい映像作品でした。眼から体液がこぼれ落ちそうになりました。姫乃さんはこの日のMCの中でも「好きになったり嫌いになったりしてください。そういうお仕事なので」という主旨のシニカルなことを口にされていましたが、たくさんの人からの愛を浴びて、一晩だけでもいいから「呪い」みたいなものが解けていたらいなと思いました。私もネガティブなタチなので、抱えた闇とは一生お付き合いしなきゃいけないなと思うわけですが、ほんのひと時にせよ、それらをしばらく横に置いておけそうな気がする瞬間って人生の中で時々あると思うのです。

 陳腐な感想しか言えませんが、ご自分の身一つで地下アイドルとしての活動を始めて、そして2月7日の夜にこれだけたくさんの人に支えられてWWWでワンマンライブをやり遂げるなんて本当にすごいと思いました。「地下アイドル」を自称する姿勢を崩さず活動を続けてきた姫乃さんですが、昨夜姫乃さんが放っていた輝きは、地下アイドル性(というものがあるのかどうかは分かりませんが)を徹底した果ての素晴らしい輝きだと思いました。間違いなくみんなの「アイドル」になっていました!

↓ライブ終盤の様子

f:id:lucas_kq:20170208154506j:plain

 

前夜から当日にかけての姫乃さんのつぶやき

 

栗原裕一郎さんの感想にとても共感しました。