もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブレポ、映画・舞台・本などの感想などなど

『夫のちんぽが入らない』(原作こだま/画ゴトウユキコ)④と引用

 『夫のちんぽが入らない』第4巻が発売されました。元職場である小学校の卒業式に行く回や、子をもうけようとし断念するまでのエピソード、メロン狩りの回など、重要なエピソードが続く巻となっています。夫婦の絆の深まりも感動的ですが、母娘間での赦しのエピソードに私は特に心打たれました。

 

 ちんぽのフランス語版もすでに発売されているようで、検索すると海外の反応をちょっぴりうかがい知ることができます。2巻も刊行される予定だそうです。 

 

 

  さて、『夫のちんぽが入らない』のコミカライズは、小説をどのようにビジュアル化しているかに注目するだけでも十分楽しめる漫画になっているのですが、もう一つ楽しみ方があります。それは、コミカライズを担当したゴトウユキコ氏が作品の隅っこの方にこっそりと書き込んでいる暗号のようなものを解読することです。

 これまでも、ゴトウ氏の短編集や『ちんぽ』の新刊が出るたびに漫画の隅々まで注目して、音楽や映画の引用を見つける試みをしてきましたが、今回もやってみました。あくまでも私が見つけられた範囲に限られますが、当ブログを読んでくださった方の作品鑑賞に奥行きが生まれるきっかけになれたら幸いです。引用されてる音楽を聴きながら読み直すとかなりジンときたりするのでおすすめです。 

lucas-kq.hatenablog.com

lucas-kq.hatenablog.com

lucas-kq.hatenablog.com

 

「サーカスナイト」(七尾旅人の曲) 、39ページ生徒のTシャツ

  さち子の教員時代の回想場面にて。床に座り込んでいる男子生徒のTシャツに「CIRCUS NIGHT」の文字がプリントされています。これは七尾旅人さんの名曲「サーカスナイト」のことだと思われます。この少年の着ているTシャツには傘のシルエットも描かれているのですが、サーカスナイトのMVで七尾旅人氏は終始傘を差しているので、このように描いているのでしょうか。

 次に引用するフレーズは、4巻のカバーデザインや、帯に記されている「この広すぎる世界で二人ぼっち」という言葉とも響き合ってる気がして、沁みます。偶然なのかもしれませんが、気付いたときちょっと震えました。

宵闇が僕らを包んで天幕の中みたい

 

 ちなみに、この曲はカバーもされていますが、いずれもとても素敵です。


七尾旅人 "サーカスナイト" (Official Music Video)


青葉市子 - サーカスナイト


向井秀徳 - サーカスナイト

 

 

「Brand new wave upper ground」(JUDY AND MARYの曲)、80ページさち子の母親のトレーナー

 大晦日に実家で家族が団らんをする場面。料理をしているさち子の母親が着ているトレーナーに、「Brand new wave upper ground」の文字が確認できます。これは間違いなく、JUDY AND MARYによる同名の曲を指しているのでしょう。

 パワフルなさち子の母にぴったりな一曲。前向きさと少しの切なさが同居する歌詞は、いろいろなことを乗り越えていく4巻の劇中歌にもぴったり。 


JUDY AND MARY - Brand New Wave Upper Ground WARP TOUR FINAL

 

ハハノシキュウ、84ページ慎のパーカー

 慎が親戚の子供と遊んでいる場面。慎の着ているパーカーに「8×8=49」 という一見すると不可解な数式が書かれています。これは、ラッパーのハハノシキュウ氏のグッズの引用で間違いないでしょう。

 子をもうけようとするエピソードの序盤の方に、「母の子宮」の名を持つアーティストを引用するという絶妙なチョイス。これは連載を読んだときからめちゃくちゃ感動というか、感心した場面の一つでした。 

 ハハノシキュウ氏の曲の中でも私が好きなものを貼り付けておきます。おやすみホログラムと一緒に仕事をしていたりします。小説家デビューもしています


おはようクロニクル/ハハノシキュウ

 


20170115 ハハノシキュウ feat.オガワコウイチ&八月ちゃん(おやすみホログラム) at 新宿ロフト 

ワールド・イズ・ユアーズ (星海社FICTIONS)

ワールド・イズ・ユアーズ (星海社FICTIONS)

 

 

東京スーパースターズ、160ページ子供のはいているズボン

 さち子が参加したメロン狩りの場面で、メロンをシャツの下に忍ばせて「爆乳」とおどけて見せる子供が出てきます。彼のズボンに注目すると「TOKYO SUPER STARS」の文字が。調べたところ、同名のバンドがいるようです。 

 このバンドの「ゴーバックホーム」という曲がとても良かったので貼っておきます。もしも『夫のちんぽが入らない』が再び何らかの形で映像化されたあかつきには、主題歌はもうこれで決まりで良いのではないかというくらい。歌詞を調べたら、これまた『ちんぽ』の内容と何となく共鳴しているような気がして泣けました。少し引用します。

 

あの日あの時言えなかった言葉を集め あの日と

あの日と同じスピードで ゆこう

ゆこう ゆこう

 

眠れない夜をいくつこえ たどりついた今日の悲しみよ

日は東 月は西へ

ゴーバックホーム(ゴーバックホーム

 


東京スーパースターズ / ゴーバックホーム

 

  以上、『夫のちんぽが入らない』④で引用されている音楽を、見つけられた範囲でご紹介しました。最終巻は夏発売予定という予告が巻末にありましたが、今から楽しみです。よい音楽ライフ、漫画ライフを送りつつ、不安の募る日々を皆さんが健やかに乗り越えていけますように。 

 

  

逃避訓練 (パーフェクトブルー)

逃避訓練 (パーフェクトブルー)

  • ハハノシキュウ x オガワコウイチ
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
23時59分60秒 (51-49=)

23時59分60秒 (51-49=)

  • ハハノシキュウ x オガワコウイチ
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
鼠穴

鼠穴

  • ハハノシキュウ
  • ヒップホップ/ラップ
  • provided courtesy of iTunes

 

ゴーバックホーム

ゴーバックホーム

  • 東京スーパースターズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes