もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブレポ、映画・舞台・本などの感想などなど

「宿題」を投げかける作品たち ゴトウユキコ『夫のちんぽが入らない』第1巻&初短編集『36度』 感想

 ゴトウユキコ『夫のちんぽが入らない』①(原作:こだま)と、同作家の初短編集である『36度』が同時刊行されました(いずれも講談社より)。どちらも、楽しみにしていた単行本でした。感想を書こうと思います。

  世の中には、読めば/観ればたちどころにスカッと笑える作品や、素直に感動して涙を流すことのできる作品が数多くあります。他方で、鑑賞後に何とも言えない気持ちが残り、すぐには感想を言葉にできないタイプの作品というのもあります。

  ゴトウ作品はまさしく後者で、すぐに笑えたり、すぐに泣けたりする作品とは違うタイプの作品だと思っています。(そこに「優劣」を見出だすつもりは毛頭なく、単純に作品のタイプの「差異」の話として。)
 読んでいるときは、ただただ胸を衝かれます。苦しくなります。頭から離れなくなる。似たような痛みや苦しみに襲われた時に、不意に作品のことを思い出したりしてしまいます。そして日々の暮らしの中のあるタイミングで、何となく腑に落ちてくる瞬間が突然訪れることもある。
 まるで、一生をかけて考えさせられる「宿題」を渡されたような気持ちになります
 今回単行本の形でまとめられた作品たちも、そういった類いの作品であると思いました。

 特に『36度』は、心臓が弱い人は元気なときにしか読まない方がいいのではないかというくらい(笑)、ズシンとくるお話が多めの短編集となっています。ぜひ多くの方に、直接その目で読んでほしいので、各作品のネタバレになるようなことは避けますが、作品たちの重みはオビの文からもうかがい知ることができます(編集者様の気合を感じるキャッチです)。

 体の関係だけ。でも、純愛。(『36度』帯文より)

 

この恋を、テキトーとか、軽いとか、言うな。(同上) 

 

 ただし、「すてきな休日」は『36度』に収めれた作品の中でただ一つ毛色を異にしている家族の物語で、心温まるお話です。世界が自分を祝福してくれていると感じられる瞬間を見事にビジュアル化した、幻想的な場面が見所です。また、「犬、走る」も爽やかな読後感の物語になっています。

 その他の作品はどれもズシンとくるお話揃いなので、心して読書に臨まなければいけないでしょう(笑)

 

 両作とも、装丁が非常に素敵です。

f:id:lucas_kq:20180906104140j:plain f:id:lucas_kq:20180907165623j:plain

 

 『夫のちんぽが入らない』は、こだまさんの原作が大ヒットを収めた私小説のコミカライズです。私は、漫画版の連載が始まったタイミングで原作を読みました。感想も書きました。 (もし万が一、「奇をてらったタイトルの、下品な本」などという誤解をしてしまっている人がいるとしたら、目を通してほしいです、、、。

lucas-kq.hatenablog.com

 

 基本的には原作に忠実な形でコミカライズされているのですが、登場人物たちが感じる「心身の痛み」の表現は、原作よりもマシマシになっていると私は思いました。絵の力がすごい。

 この、原作とコミカライズとの間にある衝撃度のギャップは、原作の方でのこだまさんの文体とも関係していると思いました。原作では「私」にとって辛い出来事が描かれる際に、必ずと言っていいほど、クスッと笑えるような表現も近くに織り交ぜられていて、重くなりすぎないようにする配慮(あるいは、苦難を開陳することに対する「照れ」なのでしょうか)が見られます。 

 漫画版では、そのようなオブラートは剥がされ、痛ましい場面や苦悶の表情が直截的に描かれます。絵を中心に表現するメディアである漫画の特性が、原作小説では気付きにくかった登場人物たちの痛みの深さを暴いているのです。

 だから、原作を読んだことのある読者にとっても、毎回毎回が非常に新鮮で、漫画の持つパワーと可能性にハッとさせられます。逆に、漫画を読んでから原作を手に取った方は、こだまさんの文体が持つ味わいや、その美しさに感動することでしょう。

 

こだまさんが絶賛されるのも納得のコミカライズです

 

 『夫のちんぽが入らない』の巻末には、こだま・ゴトウユキコ両氏の往復書簡が収録されています。お二人とも心のこもった長文のお手紙を交わされていて胸が熱くなりました。次に引用する箇所に私はグッときました。 

 

田舎の閉鎖的空間に生まれ、、逃げたくても逃げれない。逃げる場所なんて他にどこにもなかった。ネガティブで人と話すのが苦手で極度に緊張する。頭が真っ白になる。しどろもどろになる。死にたい消えたいと思う。原作の「私」、まんがの「さち子」に、その部分だけは、誰よりも寄り添えると思いました。寄り添いたいと思いました。(往復書簡「ゴトウユキコから、こだまへ。」より)

  

私は完全に原作者だということを忘れ、一読者として最新話を楽しみにしています。そして「ちんぽ」に限らず、まだゴトウさんの作品を読んだことのない人に「こんなすごい人がいるんですよ」と言ってまわりたい。(往復書簡「こだまから、ゴトウユキコへ。」より)

 

9月8日(土)18時には、お二方の対談が公開されました。

  

  ところで、今回刊行された2冊は、個性的なタイトルや強烈なモチーフにばかり話題が集まってしまいそうで、もしそうなってしまったらそれは非常に勿体ないと思っています。私としてはゴトウ作品が持つ絵の魅力にも、もっと注目が集まってほしいと思います。巧みな構成や、表情の描き込み(特に、目。あと、口の歪み)が素晴らしいです。絵の心地よさ、漫画の快楽があります。胸が痛くなるお話なんだけど、どこかイタ気持ちいいのは、絵が素晴らしいからなのだと思いました。

  とりとめのない感想になりましたが、この感想を読んで「自分も『宿題』を受け取ってみようかしら」と思う人が増えたらうれしく思います。 原作の文庫版が9月14日に刊行されるので、未読の方はこの機会に読んでみることをお勧めします。

 また、コミックスの続きはヤンマガで月イチ連載中です。こちらは学校編に突入し、教職の世界の苦労へと話は及んでいきます。「性」とか「すけべ」だけじゃないんだぜ!って部分がどのように漫画になっていくのかが楽しみです。 

   

36度 (KCデラックス モーニング)

36度 (KCデラックス モーニング)

 

 

試し読みも公開されています。

 

 

 

2018年上半期に読んだ本たち(再読も含む)

  6月はまだ終わっていないので少し気が早いですが、2018年上半期に読んだ本の記録です。『特捜部Q』シリーズが面白くて、春先以降はほとんどそればかり読んでいました。本当はもう少し硬い内容の本も読みたかったのですが、途中で少し失速してしまったのが悔やまれます。インプットとアウトプットのバランスを大切に、今年の後半も元気に暮らしていきたいです。

 

斉藤貴志『アイドル冬の時代 今こそ振り返るその光と影』シンコーミュージック 

  アイドルの「冬の時代」と言われた季節を駆け抜けた(元)アイドルたちへのインタビュー集。よくぞこれだけの人たち(高橋由美子田中律子宍戸留美下川みくに ほか)に取材したなという圧巻の内容です。後半の資料編的なページも非常に充実していて、ここ数年で私が読んだアイドルに関する本の中でも、屈指の面白さと読みごたえを備えた一冊だと思います。

アイドル冬の時代 今こそ振り返るその光と影

アイドル冬の時代 今こそ振り返るその光と影

 

 

 稲増龍夫『アイドル工学』ちくま文庫

  芸能やメディアに関して長年研究を続けている著者の、最初期の著作。現在は残念ながら品切れの状態であり、古書で購入しました。この文庫版は、ちょうど「アイドル冬の時代」を迎えたころに発売されており、「虚構としてのアイドル」幻想が崩れ始め、生々しい現実の生を見せつけ始めたアイドル界の変化をも意識して書かれています。有識者・関係者たちとの多くの対談が収録されており、当時の貴重な記録としての価値もある一冊になっています。

アイドル工学 (ちくま文庫)

アイドル工学 (ちくま文庫)

 

 

 文月悠光『臆病な詩人、街へ出る。』立東舎

  詩人の文月悠光さんによるエッセイ。表紙からしてカッコいい。少し熱い感想を以前書いています。 

lucas-kq.hatenablog.com 

臆病な詩人、街へ出る。 (立東舎)

臆病な詩人、街へ出る。 (立東舎)

 

  

こだま『夫のちんぽが入らない』扶桑社

  漫画版がヤンマガで連載開始されるということで、いまさらながら原作を読んでみました。非常に良い作品でした。「エッセイ」ではなくて「私小説」であることの意味は、とても大きいのかもしれないと思いました。物語を次のステージへと駆動していく仕掛けとなる人物が何人か登場するのですが、彼ら/彼女らの配置が絶妙に巧い。これは、「私小説」として書かれているからこそできる脚色。以前、当ブログで短い感想を書きました。 

lucas-kq.hatenablog.com 

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

 

  

町田康『ギケイキ』河出文庫 

  『義経記』を現代語に翻訳した小説。源義経の幽霊が、現代を「語りの現在」として物語を語ります。無茶苦茶なお話に見えるのだけど、原作自体が非常に荒唐無稽なので、実は原作に忠実に訳しているだけ。町田康節とも呼ぶべき語りのリズムとの相性が抜群で、笑いながら一気に読めます。

ギケイキ: 千年の流転 (河出文庫)

ギケイキ: 千年の流転 (河出文庫)

 

 

 近藤聡乃『ニューヨークで考え中2』亜紀書房

  『ニューヨークで考え中』の第2巻です。シンプルな線で可愛らしく描かれたエッセイコミック。日米の文化の違いについていろいろと蒙を啓かれます。すべての文字がおそらく手書きで書かれていて、そこも見所。綺麗な字に見とれてしまいます。

ニューヨークで考え中(2)

ニューヨークで考え中(2)

 

   

 ユッシ・エーズラ・オールスン『特捜部Q』シリーズ、ハヤカワ・ミステリ文庫

  デンマークの作家が書いた警察小説。めちゃくちゃ面白いです。エンタメのお手本というべき出来。ピンチの訪れ方とか、失ったものを主人公が取り戻していくペースとか、その辺のバランス感覚が非常に巧い。主人公が3枚目キャラなところも素敵。

特捜部Q ―檻の中の女― 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

特捜部Q ―檻の中の女― 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

 
特捜部Q―キジ殺し―

特捜部Q―キジ殺し―

 
特捜部Q ―Pからのメッセージ― 〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

特捜部Q ―Pからのメッセージ― 〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 
特捜部Q ―Pからのメッセージ― 〔下〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

特捜部Q ―Pからのメッセージ― 〔下〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

  

特捜部Q―カルテ番号64―(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

特捜部Q―カルテ番号64―(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 
特捜部Q-カルテ番号64-(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

特捜部Q-カルテ番号64-(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 

 

カルロ・ゼン 『幼女戦記KADOKAWA

  幼女戦記の最新巻。相変わらず荒唐無稽な話をしっかりと読ませます。戦争の行方はいったいどこへ向かうのか、続きが楽しみです。

幼女戦記 9 Omnes una manet nox

幼女戦記 9 Omnes una manet nox

 

  

 panpanya『二匹目の金魚』白泉社

  かわいいのに、なんだか少し妖しい画風が今回も冴えています。不思議な国に一緒に迷い込んでいく読書体験ができます。読むのに結構体力を使うんだけど、気持ちよいです。

二匹目の金魚

二匹目の金魚

 

 

 山田芳裕へうげもの講談社

  堂々の完結、という言葉はこの作品のためにあるのかもしれない。音楽からの引用を織り交ぜながら、時に熱く、時にクールに古田織部の一代記を描いています。終わるのが寂しい作品です。

  

ゴトウユキコ『ウシハル』小学館

  『夫のちんぽが入らない』のコミカライズが始まる前に再読しました。ウシハルがとにかく魅力的。『水色の部屋』にも見られる、男女が背中合わせで寝転ぶという構図は、実はこの作品で既に登場しています。単なるフェチ漫画ではなく、ちゃんと群像劇になっていて素敵です。

 

村田雄介ワンパンマン集英社 

 とにかく絵が巧い。アクションを描くのが日本で一番巧い漫画家さんかもしれません。主人公の活躍を引き延ばしまくって、はや16巻。最高のカタルシスを早く見せて欲しいけれど、それは同時にこの作品が完結することも意味してしまうのかもしれません。だから、まだまだ引き延ばされたい気持ちもありつつ、楽しみに続巻を待ちたいと思います。

ワンパンマン 16 (ジャンプコミックス)

ワンパンマン 16 (ジャンプコミックス)

 

 

鈴木央七つの大罪講談社 

 こちらの作品も、真の主人公の活躍を上手に引き延ばし続けています。一応、「七つの大罪」と呼ばれる7人の戦士たちが主人公であるのだとは思いますが、アーサー王が誕生するまでの前日譚であることは明らか。戦闘不能になったアーサーがいかにして復活を遂げるのかが楽しみです。

七つの大罪(31) (講談社コミックス)

七つの大罪(31) (講談社コミックス)