もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブレポ、映画・舞台・本などの感想などなど

2018-01-01から1年間の記事一覧

2018年下半期に読んだ本たち

2018年下半期の読書記録です。今年は去年よりもたくさん本を読めた気がします。目前に控える正月休みは、読書漬けになろうと企んでいます。 佐藤大輔『地球連邦の興亡』全4巻(中公文庫) 傑作でした。主人公の人物造形が、『皇国の守護者』の新城直衛そ…

この「語り手」についていきたい 姫乃たま『周縁漫画界』(KADOKAWA)

姫乃たまさんの『周縁漫画界』を読みました。この本はコミックビームに関わる人々へのインタビュー集です。漫画家さんだけでなく、編集長、デザイナーさんへのインタビューも収められています。 「インタビュー集」と銘打たれていますが、普通のインタビュー…

優しくて、したたか! こだま『ここは、おしまいの地』(太田出版)感想

こだまさんの『ここは、おしまいの地』(太田出版)を読みました。『夫のちんぽが入らない』の方は読んでいましたが、こちらはまだ未読でした。どうしてもっと早く読まなかったのだろうという気持ちです。 lucas-kq.hatenablog.com 『ここは、おしまいの地』…

「宿題」を投げかける作品たち ゴトウユキコ『夫のちんぽが入らない』第1巻&初短編集『36度』 感想

ゴトウユキコ『夫のちんぽが入らない』①(原作:こだま)と、同作家の初短編集である『36度』が同時刊行されました(いずれも講談社より)。どちらも、楽しみにしていた単行本でした。感想を書こうと思います。 世の中には、読めば/観ればたちどころにスカッ…

2018年上半期に読んだ本たち(再読も含む)

6月はまだ終わっていないので少し気が早いですが、2018年上半期に読んだ本の記録です。『特捜部Q』シリーズが面白くて、春先以降はほとんどそればかり読んでいました。本当はもう少し硬い内容の本も読みたかったのですが、途中で少し失速してしまった…

レモンの鉢の話(6月8日)

植物というのはすごいもので、すごい勢いで変化をしていきます。 一時は滅びてしまうのかと肝を冷やしたレモンの鉢が、どんどん繁り始めました。 順調に回復をしてはいますが、葉ダニに襲われ始めたので、いまはそちらと格闘中です。

レモンの鉢の話(6月3日)

アイドルの話でもないし、音楽の話でもないし、本の話でもないのですが、本当に個人的な日記を。家にレモンの鉢があるのですが、少し前に、潜んでいたアゲハの幼虫に葉っぱを食われ、かなりピンチな状況になりました。 しかし、持ち前の生命力で息を吹き返し…

「性」と「教育」と「母娘」問題の合奏 『夫のちんぽが入らない』(扶桑社、2017・1)感想

こだまさんの著書『夫のちんぽが入らない』を読みました。こだまさん自身の半生を描いた私小説です。昨年に発売されるや否や、そのインパクトのあるタイトルで話題を集めました。様々な反響があったと思いますが、タイトルだけで拒否反応を示す人や、話題の…

【完全版】半年ぶりの、おやホロ試聴会! 5月21日(月)新譜試聴会&PV上映会&リキッドルームワンマンお疲れ会!@ネイキッドロフト

おやすみホログラムのトークイベントに行ってきました。トークイベントを行うのは、年明けに行なわれた音楽制作について語ったイベントぶりでしょうか。「試聴会」としてはおよそ半年ぶりとなります。今回は、先日行なったばかりのワンマンライブ(@恵比寿…

よく晴れた日に、渋谷で待ち合わせ  5月4日(金)おやすみホログラム渋谷ジャック@渋谷街頭

おやすみホログラムの「渋谷ジャック」に参加してきました。5月19日のワンマンライブの宣伝を兼ねた屋外ゲリラライブでした。GW中は特に予定を入れずに、ひたすらのんびりとしていたのですが、これだけは行かねばと思い参加しました。 事前の告知では「14…

【2018年版】おやすみホログラムが、とっても面白いんです。

2016年に、おやすみホログラムの魅力をプレゼンするような記事を書いたことがありました。あれから1年以上が経ちましたが、おやすみホログラムはますます成長を続けています。 2016年のおやすみホログラムが「ピッコロ大魔王を倒したときの孫悟空」…

「詞書」のある詩集 文月悠光『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)を読みました

臆病な詩人、街へ出る。 (立東舎) 作者: 文月悠光 出版社/メーカー: リットーミュージック 発売日: 2018/02/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 文月悠光さんの新刊『臆病な詩人、街へ出る。』を読みました。この本は、…

ロシアのバンドПасош(pasosh)が本当に素晴らしい

ずいぶん前からロシアという国に魅了され続けているのですが、芸術や食文化などはもちろん、ロシアの音楽も好んで聴いています。以前当ブログでロシアやその周辺の音楽を紹介したこともありました。 lucas-kq.hatenablog.com その中でも力を入れて紹介してい…

おかげさまで遊び足りました 2018年2月16日(金)@代官山LOOP アソビタリナイ(hy4_4yh(ハイパーヨーヨー)、WHY@DOLL、Meik、おやすみホログラム、寺嶋由芙、さいとうまりな、 まなみのりさ )

おやすみホログラムのライブを観てきました。今週は、メンバーが相次いで髪を整えたり染め直したりしているようだったので、色が変化してしまったりしないうちにぜひともこの目で、より一層素敵になった二人を見ておきたいと思ったのでした。イベント自体は…

2017年に読んだ主な本たち

もう2018年の1月も終わり、2月に突入してしまっているんですけど、昨年の読書メモを。 一年分をまとめて振り返ろうとすると時間がかかるし、上半期に読んだものを思い出すのに手間がかかるのでよくないということが分かりました・・・。結局思い出せな…

おやホロの定例トークイベントが始動 2018年1月29日(月) OFFLINE第0回@都内某所(オガワコウイチ、關(セキ)、カナミル)

おやすみホログラムのプロデューサーであるオガワさんが、音楽制作についての話を繰り広げるイベント「OFFLINE」がスタートしました。その第0回目に当たるイベントが都内某所で行われたので、行ってまいりました。この日のゲストは關(セキ)さんでした。20…

ヘンミモリ個展「表層/発生」トークの記録その2 1月21日(日)@ART SPACE BAR BUENA(ヘンミモリ、片岡フグリ、イシヅカユウ)

大久保のART SPACE BAR BUENAで行われているヘンミモリさんの個展「表層/発生」。 その初日に行われたトークの記録の後編です。なかなか分量がありましたので、2分割しています。前編も併せてお楽しみください。 lucas-kq.hatenablog.com トークの後半では…

ヘンミモリ個展「表層/発生」トークの記録その1 1月21日(日)@ART SPACE BAR BUENA(ヘンミモリ、片岡フグリ、イシヅカユウ)

1月21日(日)は、hachiことおやホロの八月ちゃんが、久しぶりに美術関連のイベントに出演しました。その時のレポートは当ブログに既に上げておりますが、私はこの日の夜、ART SPACE BAR BUENAにも足を運び、もう一つ別の個展を見に行きました。BUENAと言…

8hachiふたたび 1月21日(日)@Kanzan Gallery中島由夫のアッサンブラージュ展トークショー(中島由夫、hachi、小川希)

www.cinra.net 現在、kanzan galleryで開催中の、芸術家の中島由夫さんのアッサンブラージュ展にて、hachiこと八月ちゃんのミニライブとトークイベントが行われました。中島由夫さんは60年代から海外に飛び出して活動を続けてきた画家です。日本ではまだ知…

おやホロ2days! 2日目は2018年バンドセット初め! 1月15日・16日@新宿ロフトおよび、新代田FEVER(おやすみホログラム、吉川友、ほのかりん、篠崎愛、むぎ(猫)、noovy、A11yourDays)

おやすみホログラムのライブが15日・16日と2日連続でありました。月曜と火曜という、普通の社会人にとってはなかなか難易度の高い2days。気合と根性で仕事を切り上げて行ってまいりました。私にとっては2018年の初おやホロライブということで、非…

おやホロのEP『15』『17』のタイトルは、2015年と2017年の下2桁から取られてるのではないかという話

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 年末年始も、おやホロのことばかりを考えながら過ごしていました。あとは酒を飲むか、食べるか眠るか。総じて穏やかな日々だったので、今年もこの調子で良い一年にしたいと思います。 さて、…