もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブ・映画・アイドル関連本などの各種考察

尾道の合唱  尾道ホログラフィー7月16日(日)@JOHN Burger & Cafe (おやすみホログラム、ストレート&パーマ with フェリーズ )

 おやすみホログラムのライブのために行くものとしては、初めての遠征をしてきました。旅の目的地は広島県尾道市。映画・小説・アニメーション等、たくさんの物語の舞台になっている美しい町です。おやすみホログラムは、この7月の三連休に大阪・尾道・三原でそれぞれライブを行いました。私は16日昼間のお散歩オフと、夜の「尾道ホログラフィー」に足を運んできました! 尾道で撮った写真を中心に、旅の記録を残そうと思います。

 尾道でのおやホロのライブがあるのは16日だったのですが、前日の夜には現地入りしました。土曜日だけれどもこの日は仕事だったので、退勤後に直接尾道に向かうことにしたのですが、仕事を終えてそのまま旅に出るというのは最高の気分ですね。解放感がヤバい。浮かれ気分で、新幹線でビールをじゃんじゃん飲んでしまいました。

 福山駅で在来線に乗り換えて、20分ほど電車に揺られると尾道駅に到着するのですが、尾道駅に降り立った瞬間に潮の香りが私を出迎えてくれました。込み上げる旅情。感動しました。すぐにホテルにチェックインすると、二泊を快適に過ごせそうなお宿で非常に安心したのでした。お風呂もトイレも使いやすい!

 ところで、おやすみホログラムは15日に大阪でライブをしており、そのまま尾道に向かうという行程をとっていました。twitterを眺めていると、同様の行程で3日間すべて追いかけようとしているオタクたちがけっこういて、そのタフさに感心しました笑

 16日は13時からお散歩オフでした。お昼近くまでのんびり睡眠をとって、遅めの朝食を取りに繰り出したのですが、出発5分くらいで汗だくに。この時すでに、お散歩コースはひたすら登り道だという話も聞こえてきていて、これはヤバいという気持ちに、、、。ブランチは喫茶店で摂ったのですが、モーニングのサラダの盛りがすごくよくて、良い感じにお腹を満たすことができました。

良い喫茶店でした!

f:id:lucas_kq:20170720091439j:plain

 お散歩参加者は12時50分に林芙美子像前に集合することになっていました。林芙美子といえば、『放浪記』を読んだことがあります。新宿のイメージがある作家さんだと思っていましたが、尾道にゆかりのある人物であったということは、恥ずかしながら今回初めて知りました。

 集合時間よりも気持ち早めに像の前に来てみると、すでにたくさんの参加者が集まっていました。知っている顔もいれば、初めましてな顔もたくさん。暑いなかこんなにたくさんの人が集まることに、少し感動しました。そして、私たちは灼熱の行進へと漕ぎ出して行ったのです、、、。

f:id:lucas_kq:20170719110723j:plain

 メンバーとオガワさんとピロさんが現れ、会費の徴収と大まかな説明があったのちに出発。体調管理は自己責任。参加者は全員、チェキ券を1枚もらうことができました。好きなタイミングでチェキを撮れるとのことで、楽しいお散歩になる予感しかない!  ノリノリな八月ちゃんと、暑さにうだるカナミルが対照的で、二人とも素敵でした。

f:id:lucas_kq:20170719110824j:plain

f:id:lucas_kq:20170719110852j:plain

 開始早々、ちょっとした石段と坂道の洗礼を受けるところから散歩は始まり、そのあとも幾多の石段と坂道の中を行進していきました。死ぬほど暑くて、ひいひい言いながらのお散歩でした。それでも、後ろを振り返った時に見える風景がすごく綺麗で、退屈することもなく歩きつづけることができました。尾道はあらゆる風景が絵になる町です。

お散歩スタート。カメラに収まりきらないほどの参加者がいました。

f:id:lucas_kq:20170719110921j:plain

炎天下の中、長い長い石段を上りました。 

f:id:lucas_kq:20170719111002j:plain

八月ちゃんの美しい(?)猫背です。

f:id:lucas_kq:20170719111132j:plain

 途中、見晴らしの良い場所で休憩しつつ、チェキタイムとなりました。八月ちゃんは終始テンションが高くて、さすが夏生まれという感じ。カナミルも休憩をして少し元気になり、参加者とチェキを撮り始めました。参加者はみんな思い思いに散歩を満喫しており、バドミントンに興じたり酒を飲んだり、だらだらとお話をしたりしながら過ごしていました。

おやホロ史上最高に良い風景の中でチェキの撮影会を行いました

f:id:lucas_kq:20170719111205j:plain

 高台のてっぺんがゴールで、ここで長めの休憩&展望台でのチェキタイムに。みんな汗だくになったけど、良い笑顔をしていたのが印象的でした。 帰りもみんなでぞろぞろと行進したのですが、ここで俄然元気になったのがカナミル。その歩みの早さからは、早く暑さから逃れたいという強い意志を感じました。私も、頭の中は一刻も早くシャワーを浴びたいという気持ちで満ちていました。途中で八月ちゃんが一句読んだり、カナミルが猫と戯れたりと、復路でも二人の可愛らしい姿が盛りだくさんでした。

一句詠まされている八月ちゃん。「蝉の音を 聞きつつ しゃきしゃき歩こうよ」

f:id:lucas_kq:20170719111413j:plain

トンカチで岩盤を叩く八月ちゃん。後ろの景色が超綺麗。

f:id:lucas_kq:20170720091529j:plain

トンカチで岩盤を叩かされるカナミル。「え、だから何?笑」

f:id:lucas_kq:20170719193921j:plain

猫をかまっているカナミル。この帽子は、尾道に行く前にオガワさんに買ってもらったものだそうです。

f:id:lucas_kq:20170719111340j:plain

 お散歩の終盤、私は先頭集団を歩いていたのですが、間もなく市内に降りてこようかというところで、カナミルがニコニコと駆け降りてきて、「踏切で写真を撮りたい」と言い出しました。近くにいた人たちで、カナミルのミニ撮影会に。私も何枚か撮りましたが、めちゃくちゃ踏切が似合う!  あとで友人が教えてくれたのですが、その踏切は映画『転校生』に出てきた踏切だったみたいです。知ってか知らでか、絵になる場所を嗅ぎ分けるカナミルの嗅覚はさすが! 散歩の終わりが見えてきて、生き生きするところも可愛らしい。 最後は商店街近くの駐車場で、みんなで記念撮影をしました。良きお散歩でした! 改めて写真を見返してみると、今回のこの催しは、ファンと演者の距離がとにかく近いことに驚きますね。素晴らしい現場でした!

踏切でパチリ

f:id:lucas_kq:20170719094545j:plain

魅せ方を分かってる!

f:id:lucas_kq:20170719111244j:plain

 そして夜は、楽しみにしていた尾道ホログラフィー。フェリーズとの対バンです。お酒を飲みながら開場を待っていたのですが、お散歩の直後に十分に水分補給をしたはずなのに、ビールが回る回る。ほろ酔いで気持ちよくライブを楽しみました。

開演前に食べたチーズバーガー。めちゃくちゃ美味しかったです!

f:id:lucas_kq:20170719193312j:plain

 初めて観たフェリーズのライブは最高でした。キャッチ―で、どこか懐かしいような音で、とっても素敵でした。尾道を飛び出してもっともっとたくさんの人に聴かれればいいのに!!!!

カッコよくて、それでいて親しみやすいフェリーズのライブ!

f:id:lucas_kq:20170719193345j:plain

 おやすみホログラムはアコースティックとDJセットの二部構成でした。「夜、走る人」を歌っている時に、八月ちゃんがアドリブで「尾道」という言葉を歌詞中に入れたときの、八月ちゃんのドヤ顔と、カナミルの怪訝な表情とのギャップが忘れられません。最後はストレート&パーマとフェリーズとともに「drifter」を歌って終了。この日の出演者全員で「drifter」を合唱している光景の幸福感といったらなかったです。キバオウさんも良かった。声を枯らさんばかりに熱唱するおやホロの二人の熱演が胸を打ちました。これからも素敵な思い出を更新していけますように。

「よく眠るよ~♪」の振りつけ、かわいいなあ

f:id:lucas_kq:20170719193446j:plain

めちゃくちゃ盛り上がりました

f:id:lucas_kq:20170719193639j:plain

みんな笑顔

f:id:lucas_kq:20170719193820j:plain

 

※越田さんが「drifter」の時の映像をアップされていました。


おやすみホログラム x ストレート&パーマ with フェリーズ - ドリフター (20170716 「尾道ホログラフィー」)