もしもし、そこの読者さま

ライブアイドルのライブレポ、Sexyzoneのライブレポ、映画・舞台・本などの感想などなど

漫画版『夫のちんぽが入らない』(原作こだま/画ゴトウユキコ)①・②と音楽(※音楽じゃないものもアリ)

 漫画版の『夫のちんぽが入らない』(原作こだま/画ゴトウユキコ)の2巻が2月6日に発売されました。漫画版の方では、原作の小説を読んでいる時には気付けなかったことや、想像ができなかったことが、絵の力を通して心に迫ってきます。今日発売のヤンマガに掲載されている最新話では「大仁田」が躍動していて、斬新です。

 

 ところで、コマの隅っこの方や、背景の細部などに注目すると、時々気になる言葉が小さく描き込まれていることがあります。これは一体何だろうと思って調べてみると、音楽が隠されていたりします。それらの言葉に注目して、それぞれの正体や元ネタを解き明かしてみようということで、この記事を書きます。

「きっと、これのことだ!」と確証を持てたものもあれば、自信のないものもあります。私の勝手な推測や、好きな音楽を貼りつけているだけの箇所も含みますので、気楽に読み流してもらえればと思います(笑) 購入をためらっている人の背中を押すことができたり、今までこの作品の存在を知らなかった人がこれをきっかけに興味を持ったりしてくだされば、たいへんうれしく思います。

 私が気付いていないものが他にも確実にあると思うので、何か見つけた方は教えてくださると嬉しいです。 

 

 *********

すあだ(①、第1話、25ページ3コマ目、うどん屋さんの店名)

 さち子と慎が二人で鍋焼きうどんを食べに行く名場面にて。お店の名前が「すあだ」でした。ゴトウさんが以前、すあだ氏の作品の一つ「さょちゃん」の絵をアップされていたことがあったので、おそらく、ニコニコ動画時代から様々な動画配信で活躍されているすあだ氏のことかと思われます。


現役女子中学生アニメ 『さょちゃん』 第1話


『朝のすあだ』第1回~正義のこども誕生SP~

 

 

ALVVAYS(①、第4話、110ページ2コマ目、さち子が来ているトレーナーの文字)

 これは以前にtwitterでどなたかが指摘されていたかと思います。私は洋楽に明るくないのですが、カナダのバンドのようです。クールです。


Alvvays - Party Police

  

ザ・コレクターズ「Da! Da!! Da!!!」(①、第6話、145ページ3コマ目、黒板上に飾られた板みたいなものに書かれている英語)

 黒板の上に掛かっている木の板みたいな質感のものに「Da! Da!! Da!!!」と書かれています。多分、ザ・コレクターズのこの曲のことではないかと。ちなみに、同じ第6話の中で慎がさち子を連れて行く料亭の名前も「だだだ」と書かれています。


Da!Da!!Da!!! / ザ・コレクターズ 

  

タルトタタン(②、第9話、67ページ3コマ目、さち子が慎のスタンプカードを見つける場面)

 慎が通っている風俗の店名が「たるとたたん」です。タルトタタンは普通名詞なので、無理に音楽に結びつける必要ないだろ!と言われたら、その通りとしか答えようがありません。こちらは、単純に私が好きなアーティストなので、自分が貼りたいだけの動画を貼ります(笑) 


これから / タルトタタン【公式MV】


「入り鉄砲に出女」 single ver - タルトタタン

  

透明雑誌「Beer's Waiting」(②、第10話、96ページ2コマ目、児童が着ているTシャツの文字)

 さち子のクラスの児童が着ているTシャツにプリントされた謎の英語。検索してみたら、透明雑誌というバンドが同名の曲を発表しているようです。


透明雜誌 Beer's Waiting 

 

はっぴいえんど(②、第11話、112ページ1コマ目および2コマ目、壁に貼られた習字と、生徒の服に書かれた文字)

  教室の壁に「風街」と書かれたお習字が貼ってあります。次のコマでは、女の子が着ているTシャツに「happy end」と書かれていることが何となく分かります。これは間違いなくはっぴいえんどのことでしょう。


Happy End - 風街ろまん - 03. 風をあつめて

  

『Buffalo'66』監督ヴィンセント・ギャロ((②、第11話、113ページ2コマ目、児童が着ている服)

  一人の生徒が授業中にトイレに行ったことをきっかけに、他の生徒も一斉にトイレに行って授業をサボるという胸の痛い場面があります。トイレに行こうとしている男子児童の一人が着ているTシャツに「Buffalo'66」の文字が書かれているように見えます。痛ましい場面にこそ、優しい音楽や映画が描き込まれていると、少しホッとしますね(笑)


Buffalo '66 - Sweetness


Buffalo '66 Moonchild King Crimson

 

SPANK HAPPY「普通の恋」(②、第11話、133ページ1コマ目、廊下の掲示板に貼られているお習字より)

 担任いじめの首謀者である美雪が走り去る場面。壁に貼られた習字を見ると「コンビニ」「カッターナイフ」「チョコレート」の文字が並んでいます。最後の一枚はちょっと読みにくいのですが、この言葉の並びと文字のシルエットから察するに、間違いなく「普通の恋」なはず。1巻のオビに書かれた文が「彼女を苦しめたのは”普通”という”呪い”でした。」であったことを考えると、この曲が引用されたことが意味深長に思えてきます。漫画の話とは全然関係ないけど、このCDが入手困難になってしまっているの、勿体ないなあ。


futsu no koi

 

ZAZEN BOYS「安眠棒」(②、第12話、148ページ3コマ目、後ろの黒板に描かれた時間割の最上段)

 さち子が慎の授業参観に行く場面。黒板に描かれた時間割と思しきものの一番上に、「安眠棒」と読める文字があります。ググってみたらこれが出てきました。


ZAZEN BOYS - 安眠棒 (Peaceful Sleep Pole)

 

KICK THE CAN CREW「住所 feat. 岡村靖幸」(②、第12話、150ページ4コマ目、授業参観の場面の黒板の文字)

 上と同じくさち子が慎の授業参観に行く場面で、川本君の母と思しき人物の頭上に「住所」の文字が。「住所」もただの普通名詞なので、この曲のことではないかもしれません。これもただ私が貼りたいだけです・・・。


KICK THE CAN CREW 「住所 feat. 岡村靖幸」Music Video

 

透明雑誌「性的地獄」(②、第12話、155ページ4コマ目、中華料理屋に飾られている掛け軸のようなもの) 

 透明雑誌の歌詞がちょこっといじられた形で(?)描き込まれています。すでにヤンマガの連載の方では3章に突入しているわけですが、今後さち子が足を踏み入れる「性的地獄」を暗示するようで意味深です。 


透明雜誌-性的地獄 

 

********* 

 とりあえず私が気付いた範囲で、『夫のちんぽが入らない』の世界を満たしている音楽と映画について書いてみました。物語内容とつかず離れずな感じでリンクしているようにも見えて、調べていてとても面白かったです。

 引用元のアーティストの皆さんにも広まって、原作もマンガも大勢の人に見つかればいいと思いました! 

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

 
夫のちんぽが入らない(2) (ヤンマガKCスペシャル)

夫のちんぽが入らない(2) (ヤンマガKCスペシャル)

 
夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)

夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

  

バッファロー'66 (字幕版)
 

 

僕たちのソウルミュージック

僕たちのソウルミュージック

 
透明雑誌FOREVER

透明雑誌FOREVER

 

 

風街ろまん

風街ろまん

 

 

re:10 tartetatin (通常盤)

re:10 tartetatin (通常盤)

 
テトラッド(通常盤)

テトラッド(通常盤)